logo

大人必須アプリ

価格、機能、使い勝手、そして

一般的にSFAを導入する際には、価格と機能が一番重要、次に使い勝手、そして規模を考える、これがポイントとされているようです。

価格と機能ですが、性能が良く多くの機能を擁しているものはやはり価格も高いようです。ただ、高機能なものも取り入れていたとしても、それを使うシチュエーションが無ければ意味がありませんよね。高機能よりもまずは社員が使う機能があるか、それに見合った価格であるか、ここが選択のポイントです。

そして使い勝手、これも重要ですよね。ITに詳しくない社員であっても使いこなせるか。入力自体に時間と労力がかかってしまってはツールの導入自体が問題視されてしまいますからね。

そして最後に自社の規模に合ったものであるか。大企業から中小企業まで、それぞれの規模に合ったものを選ぶことが大切なんですね。中小企業が何万人もいる企業と同じ規模のツールを導入しても、宝の持ち腐れになってしまうことも・・。

これらのことを是非、参考にして選択のポイントにしてくださいね!

価格、機能、使い勝手、そして

一般的にSFAを導入する際には、価格と機能が一番重要、次に使い勝手、そして規模を考える、これがポイントとされているようです。

価格と機能ですが、性能が良く多くの機能を擁しているものはやはり価格も高いようです。ただ、高機能なものも取り入れていたとしても、それを使うシチュエーションが無ければ意味がありませんよね。高機能よりもまずは社員が使う機能があるか、それに見合った価格であるか、ここが選択のポイントです。

そして使い勝手、これも重要ですよね。ITに詳しくない社員であっても使いこなせるか。入力自体に時間と労力がかかってしまってはツールの導入自体が問題視されてしまいますからね。

そして最後に自社の規模に合ったものであるか。大企業から中小企業まで、それぞれの規模に合ったものを選ぶことが大切なんですね。中小企業が何万人もいる企業と同じ規模のツールを導入しても、宝の持ち腐れになってしまうことも・・。

これらのことを是非、参考にして選択のポイントにしてくださいね!

上司が管理しやすい営業日報

営業日報について考える際、いつもは日報を入力する営業マンの立場になってみるものですが、今回は上司目線で見ていきたいと思います。

上司にとって管理しやすい日報というのは、営業マンが持っている情報をすぐに入手できること、にあります。

今日、営業マンがどこの会社に営業に行っているのかわかっていても、商談内容やスケジュールが解らなければ指示の出しようがありませんし、間違った方向へ商談を持っていっていないか、あるいは有力な情報を営業マンが見逃していないか、一緒にいなければ判断のしようも無いですよね。

しかし、営業マンからリアルタイムで報告が上がってくれば、上司はすぐに指示を出すことが可能です。また、報告の漏れの心配もありませんよね。営業マンは上司に口頭で報告していたつもりでも、つもりだったり上司が忘れてしまっていたり・・、こんなことも無くなります。

つまり、手書きの日報ではなくて、スマホやタブレットを使った営業日報が上司にとって管理しやすい日報ということになるんですね^^

上司が管理しやすい営業日報

営業日報について考える際、いつもは日報を入力する営業マンの立場になってみるものですが、今回は上司目線で見ていきたいと思います。

上司にとって管理しやすい日報というのは、営業マンが持っている情報をすぐに入手できること、にあります。

今日、営業マンがどこの会社に営業に行っているのかわかっていても、商談内容やスケジュールが解らなければ指示の出しようがありませんし、間違った方向へ商談を持っていっていないか、あるいは有力な情報を営業マンが見逃していないか、一緒にいなければ判断のしようも無いですよね。

しかし、営業マンからリアルタイムで報告が上がってくれば、上司はすぐに指示を出すことが可能です。また、報告の漏れの心配もありませんよね。営業マンは上司に口頭で報告していたつもりでも、つもりだったり上司が忘れてしまっていたり・・、こんなことも無くなります。

つまり、手書きの日報ではなくて、スマホやタブレットを使った営業日報が上司にとって管理しやすい日報ということになるんですね^^

どんな風に選べば失敗しないの?

顧客情報や顧客情報分析ができることで営業能力のアップができることから、CRMの導入に踏み切る企業も多くなっていますね。どんな風にして自社に合うシステムを選べば失敗することなく運用していけるのでしょうか。

やはり新しいシステムの導入においては、どんな目的があって導入したいのか、ということが重要です。それもとりあえずではなく、明確な目的、目標を持つことで必要となる機能もハッキリと見えてくるんです。

どのような機能が必要となるのか、これが分かればまずは一安心です。ただ、これだけで選択を終わってしまうと結果的に失敗につながる可能性があります。それは実際にシステムを利用する従業員の能力が関係してくるんですね。

従業員がどれだけITに精通しているか、いないのかこれが重要なポイントとなります。ITに詳しい従業員であれば自分たちでカスタマイズしたり機能の追加もできるでしょう。しかし詳しくない場合には画面の操作性、シンプルな使い勝手などにも配慮しておく必要があります!

KnowledgeSuite

どんな風に選べば失敗しないの?

顧客情報や顧客情報分析ができることで営業能力のアップができることから、CRMの導入に踏み切る企業も多くなっていますね。どんな風にして自社に合うシステムを選べば失敗することなく運用していけるのでしょうか。

やはり新しいシステムの導入においては、どんな目的があって導入したいのか、ということが重要です。それもとりあえずではなく、明確な目的、目標を持つことで必要となる機能もハッキリと見えてくるんです。

どのような機能が必要となるのか、これが分かればまずは一安心です。ただ、これだけで選択を終わってしまうと結果的に失敗につながる可能性があります。それは実際にシステムを利用する従業員の能力が関係してくるんですね。

従業員がどれだけITに精通しているか、いないのかこれが重要なポイントとなります。ITに詳しい従業員であれば自分たちでカスタマイズしたり機能の追加もできるでしょう。しかし詳しくない場合には画面の操作性、シンプルな使い勝手などにも配慮しておく必要があります!

KnowledgeSuite

3分早わかり資料があるそうです

続きもののコマーシャルとして最近定着しつつあるのが、名刺管理データベースとCRMを融合しているSansanですよね。

ただ、コマーシャルだけを見てこの会社のツールを利用しようかと思っても、自分の会社で本当にこちらのツールが有効なのかはわかりません。なのでホームページをよーく見たら、「3分早わかり資料」というものをダウンロードできることがわかりました。

そして、実際にこちらのツールを利用している会社の導入事例などが紹介されていたんですが、そこには「確度の高い見込み客を生む好循環、Sansan利用率と営業成績の比例」と書かれていました。

また、メールを送る会社の数がわずか4ヶ月で2倍になったり、名刺をデータ化することでここから営業までの流れを一つにつなげるシステムができた、というメリットもあったそうです。

名刺の管理って、名刺を交換した営業マンのみが持っている情報ということになりますが、名刺管理ツールを利用することで、営業マン1人ではなくて会社全体がその情報を共有できるわけですからね。考えてみれば本当に便利なツールだと思いますね。

3分早わかり資料があるそうです

続きもののコマーシャルとして最近定着しつつあるのが、名刺管理データベースとCRMを融合しているSansanですよね。

ただ、コマーシャルだけを見てこの会社のツールを利用しようかと思っても、自分の会社で本当にこちらのツールが有効なのかはわかりません。なのでホームページをよーく見たら、「3分早わかり資料」というものをダウンロードできることがわかりました。

そして、実際にこちらのツールを利用している会社の導入事例などが紹介されていたんですが、そこには「確度の高い見込み客を生む好循環、Sansan利用率と営業成績の比例」と書かれていました。

また、メールを送る会社の数がわずか4ヶ月で2倍になったり、名刺をデータ化することでここから営業までの流れを一つにつなげるシステムができた、というメリットもあったそうです。

名刺の管理って、名刺を交換した営業マンのみが持っている情報ということになりますが、名刺管理ツールを利用することで、営業マン1人ではなくて会社全体がその情報を共有できるわけですからね。考えてみれば本当に便利なツールだと思いますね。

1対1の会話から多人数の会議までをテキスト化!

これはすごいサービスですね。法人向けのスマートフォンにもおすすめのアプリとなっているようです。名称はUDトークというもので、「1対1の会話から多人数の会議までをテキスト化でき、テキストをファイルで取り出すことも可能」と。1対1ならまだわかるけど、多人数の会議までテキストにできちゃうなんてすごくないですか?!

このアプリ、音声認識機能を活用し、AmiVoiceという日本語の音声認識エンジンを使用して人が話している内容をリアルタイムでテキストにすることができるというもの。音声認識はオンラインで行うためネットをつなぐんですが、最近スマホをキーボード入力できる機能が出てきましたがこのキーボードともつなぐことが可能であるため、リアルタイムでテキスト化しながらスマホのキーボードで修正もできるんですって。書記の役割を持った人がいると、この人がテキスト化されているのを監視しつつ、間違っている文字や文章はその場ですぐに修正ができますよね。

画面をスクリーンに映し出せば会議に参加していない人もそれを確認できたり、耳が不自由な人も参加できるので、このサービスは将来性があると思いますね。

GPSを営業管理だけではなく行動支援に

1対1の会話から多人数の会議までをテキスト化!

これはすごいサービスですね。法人向けのスマートフォンにもおすすめのアプリとなっているようです。名称はUDトークというもので、「1対1の会話から多人数の会議までをテキスト化でき、テキストをファイルで取り出すことも可能」と。1対1ならまだわかるけど、多人数の会議までテキストにできちゃうなんてすごくないですか?!

このアプリ、音声認識機能を活用し、AmiVoiceという日本語の音声認識エンジンを使用して人が話している内容をリアルタイムでテキストにすることができるというもの。音声認識はオンラインで行うためネットをつなぐんですが、最近スマホをキーボード入力できる機能が出てきましたがこのキーボードともつなぐことが可能であるため、リアルタイムでテキスト化しながらスマホのキーボードで修正もできるんですって。書記の役割を持った人がいると、この人がテキスト化されているのを監視しつつ、間違っている文字や文章はその場ですぐに修正ができますよね。

画面をスクリーンに映し出せば会議に参加していない人もそれを確認できたり、耳が不自由な人も参加できるので、このサービスは将来性があると思いますね。

GPSを営業管理だけではなく行動支援に