logo

大人必須アプリ

郵便局もやりますね~^^

もうすぐ9月。あと4カ月で今年も終わってしまうんですね。。早い!でも暑く湿気の多い季節が過ぎてくれることは、私にとっては大歓迎なのです。そうこうしているうちに、10月末からは年賀はがきが発売されるとのこと。しかも、今年の年賀はがきは、AR機能が付いているものが売り出されるとのこと。スマートフォンやタブレットで年賀はがきのコードを読み取るとアプリがダウンロードされる仕組み。このはがきは、私の大好きな^^キティをデザインしたもので、動画などをアプリで楽しむことができるんですって。自分が贈る年賀状はキティちゃんのものにはできませんが^^いただくと嬉しいかも♪AR機能が付いているにも関わらず、価格は62円というのも良いですね。また、「LINE上の友人・知人に対し、スマートフォン版「はがきデザインキット」で作成した年賀状デザインを、国内・国外にかかわらず、紙の年賀状で届けるサービスを提供する。」とのこと。郵便局もあれやこれやと色々と手を尽くしてきますね~^^

郵便局もやりますね~^^

もうすぐ9月。あと4カ月で今年も終わってしまうんですね。。早い!でも暑く湿気の多い季節が過ぎてくれることは、私にとっては大歓迎なのです。そうこうしているうちに、10月末からは年賀はがきが発売されるとのこと。しかも、今年の年賀はがきは、AR機能が付いているものが売り出されるとのこと。スマートフォンやタブレットで年賀はがきのコードを読み取るとアプリがダウンロードされる仕組み。このはがきは、私の大好きな^^キティをデザインしたもので、動画などをアプリで楽しむことができるんですって。自分が贈る年賀状はキティちゃんのものにはできませんが^^いただくと嬉しいかも♪AR機能が付いているにも関わらず、価格は62円というのも良いですね。また、「LINE上の友人・知人に対し、スマートフォン版「はがきデザインキット」で作成した年賀状デザインを、国内・国外にかかわらず、紙の年賀状で届けるサービスを提供する。」とのこと。郵便局もあれやこれやと色々と手を尽くしてきますね~^^

郵便局もやりますね~^^

もうすぐ9月。あと4カ月で今年も終わってしまうんですね。。早い!でも暑く湿気の多い季節が過ぎてくれることは、私にとっては大歓迎なのです。そうこうしているうちに、10月末からは年賀はがきが発売されるとのこと。しかも、今年の年賀はがきは、AR機能が付いているものが売り出されるとのこと。スマートフォンやタブレットで年賀はがきのコードを読み取るとアプリがダウンロードされる仕組み。このはがきは、私の大好きな^^キティをデザインしたもので、動画などをアプリで楽しむことができるんですって。自分が贈る年賀状はキティちゃんのものにはできませんが^^いただくと嬉しいかも♪AR機能が付いているにも関わらず、価格は62円というのも良いですね。また、「LINE上の友人・知人に対し、スマートフォン版「はがきデザインキット」で作成した年賀状デザインを、国内・国外にかかわらず、紙の年賀状で届けるサービスを提供する。」とのこと。郵便局もあれやこれやと色々と手を尽くしてきますね~^^

音でチャージできる

ロンドンの大学と旧ノキアのマイクロソフトのデバイス事業部の研究で、音楽で携帯電話やスマートフォンの充電が電力をチャージできることができたそうです。これは、「こすると電力を発生するナノロッドの形状をした酸化亜鉛素材を用いることで、動きを電力に変換する。このナノロッドで端末の表面を覆うことで、端末を押さえたりこすったりすると電力を生成する。」ということが前提にあり、音の振動によって電力をチャージしていくんだそうです。なるほど、これは太陽電池よりも良いかも^^災害時などに太陽電池が見直されていましたが、電力を蓄えられるのは昼間だけですよね。でも音楽や音、振動などでチャージできれば、多くの人がいる場所、道路、そして歌や楽器がエネルギー源となるわけですから、エネルギーとして利用できる幅が大きく広がります。実現可能に近いレベルにまで来ているそうなので、そのうちスマートフォンの充電アイテムの1つとして発売されるようになるかもしれませんね^^

音でチャージできる

ロンドンの大学と旧ノキアのマイクロソフトのデバイス事業部の研究で、音楽で携帯電話やスマートフォンの充電が電力をチャージできることができたそうです。これは、「こすると電力を発生するナノロッドの形状をした酸化亜鉛素材を用いることで、動きを電力に変換する。このナノロッドで端末の表面を覆うことで、端末を押さえたりこすったりすると電力を生成する。」ということが前提にあり、音の振動によって電力をチャージしていくんだそうです。なるほど、これは太陽電池よりも良いかも^^災害時などに太陽電池が見直されていましたが、電力を蓄えられるのは昼間だけですよね。でも音楽や音、振動などでチャージできれば、多くの人がいる場所、道路、そして歌や楽器がエネルギー源となるわけですから、エネルギーとして利用できる幅が大きく広がります。実現可能に近いレベルにまで来ているそうなので、そのうちスマートフォンの充電アイテムの1つとして発売されるようになるかもしれませんね^^

音でチャージできる

ロンドンの大学と旧ノキアのマイクロソフトのデバイス事業部の研究で、音楽で携帯電話やスマートフォンの充電が電力をチャージできることができたそうです。これは、「こすると電力を発生するナノロッドの形状をした酸化亜鉛素材を用いることで、動きを電力に変換する。このナノロッドで端末の表面を覆うことで、端末を押さえたりこすったりすると電力を生成する。」ということが前提にあり、音の振動によって電力をチャージしていくんだそうです。なるほど、これは太陽電池よりも良いかも^^災害時などに太陽電池が見直されていましたが、電力を蓄えられるのは昼間だけですよね。でも音楽や音、振動などでチャージできれば、多くの人がいる場所、道路、そして歌や楽器がエネルギー源となるわけですから、エネルギーとして利用できる幅が大きく広がります。実現可能に近いレベルにまで来ているそうなので、そのうちスマートフォンの充電アイテムの1つとして発売されるようになるかもしれませんね^^

バータイプのハンディスキャナを発売

大切なメモやノート、人のメモを記録したい時、最近ではスマホのカメラ機能を使って保存することが多くなりましたよね。でも、カメラの画質では思い通りの画像が入手できないことも多いようで。。そんな時に便利なのがスキャンアイテムですよね。スキャンすることでかなり正確に記録することができ、カメラより画質も高度になります。今回バータイプのハンディスキャナを発売するのはミヨシで、名称は「UMSC-04」。価格は税別13,800円だそうです。iOSでもAndroidスマホでも利用可能で、専用アプリ「Direct Scan」をダウンロードして使います。スマホやタブレットなどからはワイヤレススキャンもできるということで、これは本当に便利ですよね。「スキャン解像度は標準画質が300cpi、中高画質が600dpi、高画質が900dpiで、保存メディアは本体に装着するmicroSD/SDHCメモリーカード、保存形式はJPEGまたはPDFだ。ただしPC接続時は、スキャン解像度が標準画質(300dpi)固定、保存形式がJPEGのみとなる。」とのこと。そう言えば、サンワダイレクトからはマウスがハンディスキャナになる一台二役のアイテムも発売されていましたよね。それだけ、スキャンアイテムって人気が高いんでしょうね。

バータイプのハンディスキャナを発売

大切なメモやノート、人のメモを記録したい時、最近ではスマホのカメラ機能を使って保存することが多くなりましたよね。でも、カメラの画質では思い通りの画像が入手できないことも多いようで。。そんな時に便利なのがスキャンアイテムですよね。スキャンすることでかなり正確に記録することができ、カメラより画質も高度になります。今回バータイプのハンディスキャナを発売するのはミヨシで、名称は「UMSC-04」。価格は税別13,800円だそうです。iOSでもAndroidスマホでも利用可能で、専用アプリ「Direct Scan」をダウンロードして使います。スマホやタブレットなどからはワイヤレススキャンもできるということで、これは本当に便利ですよね。「スキャン解像度は標準画質が300cpi、中高画質が600dpi、高画質が900dpiで、保存メディアは本体に装着するmicroSD/SDHCメモリーカード、保存形式はJPEGまたはPDFだ。ただしPC接続時は、スキャン解像度が標準画質(300dpi)固定、保存形式がJPEGのみとなる。」とのこと。そう言えば、サンワダイレクトからはマウスがハンディスキャナになる一台二役のアイテムも発売されていましたよね。それだけ、スキャンアイテムって人気が高いんでしょうね。

バータイプのハンディスキャナを発売

大切なメモやノート、人のメモを記録したい時、最近ではスマホのカメラ機能を使って保存することが多くなりましたよね。でも、カメラの画質では思い通りの画像が入手できないことも多いようで。。そんな時に便利なのがスキャンアイテムですよね。スキャンすることでかなり正確に記録することができ、カメラより画質も高度になります。今回バータイプのハンディスキャナを発売するのはミヨシで、名称は「UMSC-04」。価格は税別13,800円だそうです。iOSでもAndroidスマホでも利用可能で、専用アプリ「Direct Scan」をダウンロードして使います。スマホやタブレットなどからはワイヤレススキャンもできるということで、これは本当に便利ですよね。「スキャン解像度は標準画質が300cpi、中高画質が600dpi、高画質が900dpiで、保存メディアは本体に装着するmicroSD/SDHCメモリーカード、保存形式はJPEGまたはPDFだ。ただしPC接続時は、スキャン解像度が標準画質(300dpi)固定、保存形式がJPEGのみとなる。」とのこと。そう言えば、サンワダイレクトからはマウスがハンディスキャナになる一台二役のアイテムも発売されていましたよね。それだけ、スキャンアイテムって人気が高いんでしょうね。

不満を緩和しようとしたけど・・

サムスンとアップルのいくつもの訴訟問題はなかなか解決を見せないようですが、これもまた訴訟になるのでは?と思わせるようなものが出てきたようです。それがデザイン。え~、一番分かりやすいではないですか^^これまでの訴訟に取り上げられてきたものって素人では分かりづらいものが多かったのですが、デザインとなるとこれは誰でも分かる。ド素人の私にでも。そのデザインとは、「GALAXY ALPHA」のメタルフレームと丸みを帯びたエッジ。これがアップルのiPhoneに似ているというのです。来月9月にはイギリスで発売される予定で、これまでフレームと背面がプラスティックが安っぽいと言われていた為新製品では金属をやっよ採用することになったそうです。この安っぽいというユーザーの不満を緩和することがサムスンの狙いだったようですが、なぜかiPhoneのデザインに似てしまったと^^訴訟問題に発展しないと良いですけどね~。

您当前正在浏览 10月, 2014 的归档。