logo

大人必須アプリ

スマートフォンを導入しているNTTデータカスタマサービス株式会社

NTTデータカスタマサービス株式会社は、営業担当者と経営幹部にスマートフォンを導入し業務に役立てています。導入したスマートフォンは合わせて百台ほど。どのように活用し、セキュリティ対策をしているのでしょうか。最も活用しているのが社内メール閲覧用アプリなのだそう。続いてブラウザ、SPモードメール、通話の利用頻度が高いようです。携帯電話なら通話が一番なのでしょうね。ちなみにスマートフォンの利用時間は1人あたり平均26分/1日だそうです。私の感覚では短いような気がしますが、余計なアプリ利用やWebサイト閲覧をしていないということなのでしょうね。同社では、セキュリティ対策の為にスマートフォンの利用実態を操作ログから把握しています。ルールに違反した操作をするとアラートが鳴り、注意や指導が行われるそう。おかげで不正操作や私的利用がゼロなんです。禁止より監視に近いのでしょうね。操作ログは抑止効果が高そう。また万が一、盗難・紛失等が発生しても操作ログ情報があれば状況の把握ができるので安心ですね。

スマートフォンを導入しているNTTデータカスタマサービス株式会社

NTTデータカスタマサービス株式会社は、営業担当者と経営幹部にスマートフォンを導入し業務に役立てています。導入したスマートフォンは合わせて百台ほど。どのように活用し、セキュリティ対策をしているのでしょうか。最も活用しているのが社内メール閲覧用アプリなのだそう。続いてブラウザ、SPモードメール、通話の利用頻度が高いようです。携帯電話なら通話が一番なのでしょうね。ちなみにスマートフォンの利用時間は1人あたり平均26分/1日だそうです。私の感覚では短いような気がしますが、余計なアプリ利用やWebサイト閲覧をしていないということなのでしょうね。同社では、セキュリティ対策の為にスマートフォンの利用実態を操作ログから把握しています。ルールに違反した操作をするとアラートが鳴り、注意や指導が行われるそう。おかげで不正操作や私的利用がゼロなんです。禁止より監視に近いのでしょうね。操作ログは抑止効果が高そう。また万が一、盗難・紛失等が発生しても操作ログ情報があれば状況の把握ができるので安心ですね。

セミナーなども積極的に実施

法人向けスマートフォンやタブレット端末を利用している会社向けに、KDDIでは様々なイベントやセミナーが行われているようです。現在申し込みが出来るものとして、大阪で開催される「スマートデバイスアプリ遂に登場! Office 365 with KDDI&KDDI Wide Area Virtual Switch 2 セミナー~クラウドの活用からネットワーク構築まで~」というタイトルのものがあるようです。マイクロソフトのクラウドサービス、「Office 365 with KDDI」の紹介と、新しいサービスであるWide Area Virtual Switch 2が紹介されるとのことです。このサービス、セキュリティ機能が追加されたもので、使いたい時に使いたい分だけ使うことができ、カスタマーコントローラで一括管理することができるので、管理、情報集約、シンプルな運用が実現できるそうです。また、このセミナーの後にはGoogle Apps for Workをタブレットで体験できる内容のものもあったり、売上を伸ばすためのECサイト構築成功事例紹介セミナーなども。結構、幅広い内容のものがあるようです。

セミナーなども積極的に実施

法人向けスマートフォンやタブレット端末を利用している会社向けに、KDDIでは様々なイベントやセミナーが行われているようです。現在申し込みが出来るものとして、大阪で開催される「スマートデバイスアプリ遂に登場! Office 365 with KDDI&KDDI Wide Area Virtual Switch 2 セミナー~クラウドの活用からネットワーク構築まで~」というタイトルのものがあるようです。マイクロソフトのクラウドサービス、「Office 365 with KDDI」の紹介と、新しいサービスであるWide Area Virtual Switch 2が紹介されるとのことです。このサービス、セキュリティ機能が追加されたもので、使いたい時に使いたい分だけ使うことができ、カスタマーコントローラで一括管理することができるので、管理、情報集約、シンプルな運用が実現できるそうです。また、このセミナーの後にはGoogle Apps for Workをタブレットで体験できる内容のものもあったり、売上を伸ばすためのECサイト構築成功事例紹介セミナーなども。結構、幅広い内容のものがあるようです。

病院でも導入

大きな病院になればなるほど患者の情報の共有って難しくなりますよね。誰もがいつでも見ることができるようになればセキュリティが心配です。しかし、それぞれの患者の情報を常にパソコンだけを使って見るようにしていると、何かあった時いちいちデスクまでパソコンで確認しに行ったり、患者への説明も表面的なものだけになってしまいます。そこで最近注目されているのが、法人向けスマートフォン、タブレットです。東京の巨大病院ではドコモの法人向けスマートフォンを導入し、大きな効果を上げているそうです。まず、医師同士ではチャット形式による診断・治療相談が可能となったり、院内システムとの連携がスムーズに。また手術中のリアルタイム動画配信が可能になることで、双方にメリットが生まれたようです。さらに、ベッドにいる患者にも説明の際に画像を見せながら説明が可能となったり、病院の外にいても患者の容体が把握できるので、的確な指示を示すことができるようになったそうです。

病院でも導入

大きな病院になればなるほど患者の情報の共有って難しくなりますよね。誰もがいつでも見ることができるようになればセキュリティが心配です。しかし、それぞれの患者の情報を常にパソコンだけを使って見るようにしていると、何かあった時いちいちデスクまでパソコンで確認しに行ったり、患者への説明も表面的なものだけになってしまいます。そこで最近注目されているのが、法人向けスマートフォン、タブレットです。東京の巨大病院ではドコモの法人向けスマートフォンを導入し、大きな効果を上げているそうです。まず、医師同士ではチャット形式による診断・治療相談が可能となったり、院内システムとの連携がスムーズに。また手術中のリアルタイム動画配信が可能になることで、双方にメリットが生まれたようです。さらに、ベッドにいる患者にも説明の際に画像を見せながら説明が可能となったり、病院の外にいても患者の容体が把握できるので、的確な指示を示すことができるようになったそうです。

病院でも導入

大きな病院になればなるほど患者の情報の共有って難しくなりますよね。誰もがいつでも見ることができるようになればセキュリティが心配です。しかし、それぞれの患者の情報を常にパソコンだけを使って見るようにしていると、何かあった時いちいちデスクまでパソコンで確認しに行ったり、患者への説明も表面的なものだけになってしまいます。そこで最近注目されているのが、法人向けスマートフォン、タブレットです。東京の巨大病院ではドコモの法人向けスマートフォンを導入し、大きな効果を上げているそうです。まず、医師同士ではチャット形式による診断・治療相談が可能となったり、院内システムとの連携がスムーズに。また手術中のリアルタイム動画配信が可能になることで、双方にメリットが生まれたようです。さらに、ベッドにいる患者にも説明の際に画像を見せながら説明が可能となったり、病院の外にいても患者の容体が把握できるので、的確な指示を示すことができるようになったそうです。

您当前正在浏览 3月, 2015 的归档。