logo

大人必須アプリ

Microsoftの新しい企業向けアプリストア『Business Store』について

Microsoftのストアアプリやユニバーサルアプリは、「Windows Store」でインストールしますよね。しかしこれはコンシューマ向けとなっており、ビジネス用としての魅力はイマイチでした。Windows Storeには個人のMicrosoftアカウントでしかログインできないからです。そうした問題をクリアすべく、Windows 10から新しい企業向けアプリストア「Business Store」が登場するそうです(リリースはまだされていません)。これはWindows Storeに替わるものではなく、それとは別に企業向けに作られたとのこと。一つ注意したいのは、サポート対象がWindows 10以降(Windows 10 Mobile含む)だということです。企業向けアプリストアのBusiness Storeからインストールしたアプリなら、さまざまな業務に活用できるでしょう。セキュリティも万全だと思います。パソコンにインストールしたそのアプリをWindows 10 Mobile搭載のスマートフォンでも使えたら、ビジネスマンの機動性もより高くなりそう。Business Storeのリリースに注目が集まっています。http://www.ascentnet.co.jp/mdm-modem/mdm比較/

Microsoftの新しい企業向けアプリストア『Business Store』について

Microsoftのストアアプリやユニバーサルアプリは、「Windows Store」でインストールしますよね。しかしこれはコンシューマ向けとなっており、ビジネス用としての魅力はイマイチでした。Windows Storeには個人のMicrosoftアカウントでしかログインできないからです。そうした問題をクリアすべく、Windows 10から新しい企業向けアプリストア「Business Store」が登場するそうです(リリースはまだされていません)。これはWindows Storeに替わるものではなく、それとは別に企業向けに作られたとのこと。一つ注意したいのは、サポート対象がWindows 10以降(Windows 10 Mobile含む)だということです。企業向けアプリストアのBusiness Storeからインストールしたアプリなら、さまざまな業務に活用できるでしょう。セキュリティも万全だと思います。パソコンにインストールしたそのアプリをWindows 10 Mobile搭載のスマートフォンでも使えたら、ビジネスマンの機動性もより高くなりそう。Business Storeのリリースに注目が集まっています。http://www.ascentnet.co.jp/mdm-modem/mdm比較/

石川温氏の評価は・・

今年を代表するスマートフォンを先行する審査会が開かれ、各審査委員のコメントがネットニュースに載せられていますね。その中でもテレビやネットニュースでよく名前が載る石川温氏のコメントを目にしました。この方の今年の代表スマホは、やはりiPhone。今年の「王者はまだiPhone」と言っているように、まだ日本ではiPhoneの勢力が増している状況のようです。今年販売されたiPhone 6sシリーズでは、それまでに見られなかったカメラの進化があり、またピンク系のかわいいカラーも話題になりました。そして、このiPhoneの次に評価されたのはMADOSMAなんだそうです。日本では数年前に一度投入されたWindows Phone。しかし、その際には市場は全く見向きもされなかった。。その市場にパソコンメーカーが売りだす初めてのスマートフォン。大きな賭けのように思われましたが、パソコンメーカーだからこそWindowsの強みを知り、活かし、法人向けのスマートフォンとしての市場を確実視することができたのでしょう。「ユーザーの期待を裏切ることなく信頼につなげたところは、「よくぞやった」と言いたいです。」とベタ褒めでした^^

石川温氏の評価は・・

今年を代表するスマートフォンを先行する審査会が開かれ、各審査委員のコメントがネットニュースに載せられていますね。その中でもテレビやネットニュースでよく名前が載る石川温氏のコメントを目にしました。この方の今年の代表スマホは、やはりiPhone。今年の「王者はまだiPhone」と言っているように、まだ日本ではiPhoneの勢力が増している状況のようです。今年販売されたiPhone 6sシリーズでは、それまでに見られなかったカメラの進化があり、またピンク系のかわいいカラーも話題になりました。そして、このiPhoneの次に評価されたのはMADOSMAなんだそうです。日本では数年前に一度投入されたWindows Phone。しかし、その際には市場は全く見向きもされなかった。。その市場にパソコンメーカーが売りだす初めてのスマートフォン。大きな賭けのように思われましたが、パソコンメーカーだからこそWindowsの強みを知り、活かし、法人向けのスマートフォンとしての市場を確実視することができたのでしょう。「ユーザーの期待を裏切ることなく信頼につなげたところは、「よくぞやった」と言いたいです。」とベタ褒めでした^^

石川温氏の評価は・・

今年を代表するスマートフォンを先行する審査会が開かれ、各審査委員のコメントがネットニュースに載せられていますね。その中でもテレビやネットニュースでよく名前が載る石川温氏のコメントを目にしました。この方の今年の代表スマホは、やはりiPhone。今年の「王者はまだiPhone」と言っているように、まだ日本ではiPhoneの勢力が増している状況のようです。今年販売されたiPhone 6sシリーズでは、それまでに見られなかったカメラの進化があり、またピンク系のかわいいカラーも話題になりました。そして、このiPhoneの次に評価されたのはMADOSMAなんだそうです。日本では数年前に一度投入されたWindows Phone。しかし、その際には市場は全く見向きもされなかった。。その市場にパソコンメーカーが売りだす初めてのスマートフォン。大きな賭けのように思われましたが、パソコンメーカーだからこそWindowsの強みを知り、活かし、法人向けのスマートフォンとしての市場を確実視することができたのでしょう。「ユーザーの期待を裏切ることなく信頼につなげたところは、「よくぞやった」と言いたいです。」とベタ褒めでした^^

モバイルアプリケーション『おしえてスマホ営業情報』と『おしえてスマホCRM』

マジックソフトウェア・ジャパン株式会社が提供するモバイルアプリケーション『おしえてスマホ営業情報』及び『おしえてスマホCRM』をご存知でしょうか。『おしえてスマホ営業情報』は、受注・顧客・商品情報をスマートフォンなどのモバイルデバイスからどこからでも閲覧できるというもの。商談や意思決定のスピードアップ・ペーパーレス化・業務効率化などの効果を、低コスト&短期間で実現できるという。また簡易見積もり作成や地図マッピングといった機能も備わっているそうですよ。モバイルアプリだからこそ、既存システムに影響せず(されず)データ連携できるというのが良いですよね。一方『おしえてスマホCRM』の方は、『おしえてスマホ営業情報』と連動でき、モバイルデバイスから営業活動や商談データが入力できるようになりました。入力から閲覧まで1つのシステムで出来るので、商談データを分析し、今後の営業活動へつなげることもできますね。モバイルデバイスを活用したい・強化したいという企業にはピッタリのサービスだと思います。

モバイルアプリケーション『おしえてスマホ営業情報』と『おしえてスマホCRM』

マジックソフトウェア・ジャパン株式会社が提供するモバイルアプリケーション『おしえてスマホ営業情報』及び『おしえてスマホCRM』をご存知でしょうか。『おしえてスマホ営業情報』は、受注・顧客・商品情報をスマートフォンなどのモバイルデバイスからどこからでも閲覧できるというもの。商談や意思決定のスピードアップ・ペーパーレス化・業務効率化などの効果を、低コスト&短期間で実現できるという。また簡易見積もり作成や地図マッピングといった機能も備わっているそうですよ。モバイルアプリだからこそ、既存システムに影響せず(されず)データ連携できるというのが良いですよね。一方『おしえてスマホCRM』の方は、『おしえてスマホ営業情報』と連動でき、モバイルデバイスから営業活動や商談データが入力できるようになりました。入力から閲覧まで1つのシステムで出来るので、商談データを分析し、今後の営業活動へつなげることもできますね。モバイルデバイスを活用したい・強化したいという企業にはピッタリのサービスだと思います。

モバイルアプリケーション『おしえてスマホ営業情報』と『おしえてスマホCRM』

マジックソフトウェア・ジャパン株式会社が提供するモバイルアプリケーション『おしえてスマホ営業情報』及び『おしえてスマホCRM』をご存知でしょうか。『おしえてスマホ営業情報』は、受注・顧客・商品情報をスマートフォンなどのモバイルデバイスからどこからでも閲覧できるというもの。商談や意思決定のスピードアップ・ペーパーレス化・業務効率化などの効果を、低コスト&短期間で実現できるという。また簡易見積もり作成や地図マッピングといった機能も備わっているそうですよ。モバイルアプリだからこそ、既存システムに影響せず(されず)データ連携できるというのが良いですよね。一方『おしえてスマホCRM』の方は、『おしえてスマホ営業情報』と連動でき、モバイルデバイスから営業活動や商談データが入力できるようになりました。入力から閲覧まで1つのシステムで出来るので、商談データを分析し、今後の営業活動へつなげることもできますね。モバイルデバイスを活用したい・強化したいという企業にはピッタリのサービスだと思います。

スマホをパソコンのように利用?

ちょっと・・というか、わからないのですが、スマホ用のアプリをパソコン用のアプリのように利用できる機能が今注目されているんだそうです。これは法人向けのスマートフォンとして注目されているWindows 10 Mobile搭載スマホ、NuAns NEOの目玉機能、「Continuum for Phones」というもの。この機能を使うことで、「外部ディスプレイやキーボード、マウスを接続すると、スマホ用アプリをまるでPC用アプリのように利用」できると。あ、そういうことか。スマホがパソコンのディスプレイで、キーボードやマウスをスマホに接続。これで小型のパソコンになるというわけですね。あ、これは良い!^^スマホで文字入力もできますが、やはりパソコンのキーボードの方が早いんですよね。また、コピペがうまくできないので、マウスがあるととっても楽^^コピペだけではなくて、途中の文字を変えたくても思うようにカーソルが動かないことが多いんです、iPhoneって。。なので、ビジネスシーンではよりこの機能は使えるのではないでしょうかね。

スマホをパソコンのように利用?

ちょっと・・というか、わからないのですが、スマホ用のアプリをパソコン用のアプリのように利用できる機能が今注目されているんだそうです。これは法人向けのスマートフォンとして注目されているWindows 10 Mobile搭載スマホ、NuAns NEOの目玉機能、「Continuum for Phones」というもの。この機能を使うことで、「外部ディスプレイやキーボード、マウスを接続すると、スマホ用アプリをまるでPC用アプリのように利用」できると。あ、そういうことか。スマホがパソコンのディスプレイで、キーボードやマウスをスマホに接続。これで小型のパソコンになるというわけですね。あ、これは良い!^^スマホで文字入力もできますが、やはりパソコンのキーボードの方が早いんですよね。また、コピペがうまくできないので、マウスがあるととっても楽^^コピペだけではなくて、途中の文字を変えたくても思うようにカーソルが動かないことが多いんです、iPhoneって。。なので、ビジネスシーンではよりこの機能は使えるのではないでしょうかね。

您当前正在浏览 1月, 2016 的归档。