logo

大人必須アプリ

土木建築用アプリ『ミライ工事』について

工事現場でもスマートフォンを活用して、作業を効率化しているという声を聞くようになりました。一昔前までは現場に工事用黒板やデジカメを持ち歩かなくてはならず荷物になっていましたが、今はスマートフォンで工事用黒板や資料を共有したり、撮影した現場画像をリアルタイムに本社やオフィスなどに送れるようになったそう。それだけでも便利なスマートフォンですが、土木建築用アプリを利用すれば更に利便性が良くなるそう。そこでオススメなのが、土木建築用アプリ『ミライ工事』です。これは工事現場で使う黒板とカメラが一体になったアプリ。トークルームも利用できるので、資料の共有やコミュニケーション向上に最適なんですよ。無料でインストール・利用できる点も良いですよね。例えば、トークルームを利用して職人の臨時招集や連絡網などに使ったり…撮影した画像をトークルームに貼り付けて写真台帳を作成したり…写真台帳や作業員名簿をPDF出力して、パソコン業務に役立てたり出来るのです。アプリ1つで工事現場の作業をスマートにこなすことができそうですね。

土木建築用アプリ『ミライ工事』について

工事現場でもスマートフォンを活用して、作業を効率化しているという声を聞くようになりました。一昔前までは現場に工事用黒板やデジカメを持ち歩かなくてはならず荷物になっていましたが、今はスマートフォンで工事用黒板や資料を共有したり、撮影した現場画像をリアルタイムに本社やオフィスなどに送れるようになったそう。それだけでも便利なスマートフォンですが、土木建築用アプリを利用すれば更に利便性が良くなるそう。そこでオススメなのが、土木建築用アプリ『ミライ工事』です。これは工事現場で使う黒板とカメラが一体になったアプリ。トークルームも利用できるので、資料の共有やコミュニケーション向上に最適なんですよ。無料でインストール・利用できる点も良いですよね。例えば、トークルームを利用して職人の臨時招集や連絡網などに使ったり…撮影した画像をトークルームに貼り付けて写真台帳を作成したり…写真台帳や作業員名簿をPDF出力して、パソコン業務に役立てたり出来るのです。アプリ1つで工事現場の作業をスマートにこなすことができそうですね。

やっぱりアプリがネックになりそうです

法人向けのスマートフォンとして販売されているVAIO Phone Biz。価格が6万円近いこともあり、Windows 10 Mobileスマホの中ではプレミアム感のある機種ですよね。そのため、法人向けだけではなくて一般向けとしてもユーザーの獲得を狙いたいところ。実際、VAIOのブランドということで、パソコンからのVAIOユーザーにも非常に注目されているスマホだと思われます。

法人向けとしては、プリインストールされているOffice MobileとOneDrive、そしてSkypeといったビジネスに便利なツール(Microsoftのツールなんですけどね^^)があるため、効率化がアップすることは間違い無しでしょう。

ただし、個人向けとなるとこれらのツールはそこまで価値あるものとは捉えられないかもしれませんね~。そしてAndroidやiOSのように様々なアプリがまだ少ないため、ここがネックとなってしまう。。

なので、あるネット記事では「iPhone、あるいはAndroidスマホとの2台持ちが、現状では一番の最適解となるだろう」と書かれていました。なるほど!そんな使い道もあるということですね。

やっぱりアプリがネックになりそうです

法人向けのスマートフォンとして販売されているVAIO Phone Biz。価格が6万円近いこともあり、Windows 10 Mobileスマホの中ではプレミアム感のある機種ですよね。そのため、法人向けだけではなくて一般向けとしてもユーザーの獲得を狙いたいところ。実際、VAIOのブランドということで、パソコンからのVAIOユーザーにも非常に注目されているスマホだと思われます。

法人向けとしては、プリインストールされているOffice MobileとOneDrive、そしてSkypeといったビジネスに便利なツール(Microsoftのツールなんですけどね^^)があるため、効率化がアップすることは間違い無しでしょう。

ただし、個人向けとなるとこれらのツールはそこまで価値あるものとは捉えられないかもしれませんね~。そしてAndroidやiOSのように様々なアプリがまだ少ないため、ここがネックとなってしまう。。

なので、あるネット記事では「iPhone、あるいはAndroidスマホとの2台持ちが、現状では一番の最適解となるだろう」と書かれていました。なるほど!そんな使い道もあるということですね。

法人向けのサービスをスタート

インターネットイニシアティブという会社が、先月の29日に新しい法人向けのサービスをスタートさせたそうです。名称はIIJ SmartKeyマネージメントサービスと言うもので、「スマートフォンなど画面をスワイプして二要素認証」するというもの。この認証システムがあれば、ワンタイムパスワードの入力をいちいち行う必要がなくなるそうです。

パスワード認証をすることで、スマホなどの安全性は高まりますが、急いでいる時にこの認証システムはちょっと面倒ですよね。また、ずっとスマホを操作しないけど定期的に画面を見る必要がある時も、スマホの画面は一定時間でオフになるため、そのたびにパスワードを入力するのもまた面倒に。。これがビジネスの場面であれば、一緒に画面を確認する相手にも迷惑ですよね^^

もともとこのサービスは個人向けのスマホの無償サービスしていたそうですが、これを基に2段階認証をクラウドサービスとして行うんだそうです。なので、法人向けのスマートフォンを使っている人にはもってこいのサービスとなるのではないでしょうか。

法人向けのサービスをスタート

インターネットイニシアティブという会社が、先月の29日に新しい法人向けのサービスをスタートさせたそうです。名称はIIJ SmartKeyマネージメントサービスと言うもので、「スマートフォンなど画面をスワイプして二要素認証」するというもの。この認証システムがあれば、ワンタイムパスワードの入力をいちいち行う必要がなくなるそうです。

パスワード認証をすることで、スマホなどの安全性は高まりますが、急いでいる時にこの認証システムはちょっと面倒ですよね。また、ずっとスマホを操作しないけど定期的に画面を見る必要がある時も、スマホの画面は一定時間でオフになるため、そのたびにパスワードを入力するのもまた面倒に。。これがビジネスの場面であれば、一緒に画面を確認する相手にも迷惑ですよね^^

もともとこのサービスは個人向けのスマホの無償サービスしていたそうですが、これを基に2段階認証をクラウドサービスとして行うんだそうです。なので、法人向けのスマートフォンを使っている人にはもってこいのサービスとなるのではないでしょうか。

円滑なコミュニケーションの実現を目指す

知りませんでしたね~。企業向けのSNSに、最近ではスタンプの機能が提供されているそうなんです。

仕事なのにスタンプを使うなんて、ちょっと不真面目なんじゃない?と思ってしまいますよね^^でも、考えてみてください。メールにも絵文字、LINEにはスタンプがあることで、同じ文章を送ったとしてもこれらをプラスして送信すると自分の気持ちがうまく伝わりますよね。反対に、相手から送られるメッセージも、言葉だけではちょっと機嫌が悪そう?と思うような内容でも、そのあとに送られる絵文字やスタンプで、あ、そうじゃないんだ!とホッとすることもよくあるもの。仕事でもそれは同じなんですね。

法人向けのスマートフォンにも社内のSNSを使っている会社、多いようです。社内だけのSNSであれば、確かにメッセージとスタンプを組み合わせることで、円滑なコミュニケーションも可能になるかと。とくにぶっきらぼうなメッセージしか送らない人も、スタンプ一つで相手の気持ちも全然変わってきますからね^^

円滑なコミュニケーションの実現を目指す

知りませんでしたね~。企業向けのSNSに、最近ではスタンプの機能が提供されているそうなんです。

仕事なのにスタンプを使うなんて、ちょっと不真面目なんじゃない?と思ってしまいますよね^^でも、考えてみてください。メールにも絵文字、LINEにはスタンプがあることで、同じ文章を送ったとしてもこれらをプラスして送信すると自分の気持ちがうまく伝わりますよね。反対に、相手から送られるメッセージも、言葉だけではちょっと機嫌が悪そう?と思うような内容でも、そのあとに送られる絵文字やスタンプで、あ、そうじゃないんだ!とホッとすることもよくあるもの。仕事でもそれは同じなんですね。

法人向けのスマートフォンにも社内のSNSを使っている会社、多いようです。社内だけのSNSであれば、確かにメッセージとスタンプを組み合わせることで、円滑なコミュニケーションも可能になるかと。とくにぶっきらぼうなメッセージしか送らない人も、スタンプ一つで相手の気持ちも全然変わってきますからね^^

マイクロソフトだけでなくドコモもパートナーとして

VAIOスマホの話題がネットニュースのあちこちで見られますね。ソニーから独立?スピンアウトしたVAIO。どうしてもVAIOと聞くとパソコンを思い浮かべますが、今はスマホなんですよね。

昨年の3月に日本通信と協業し発売したのがVAIO Phone。デザインをVAIOが、製造、販売を日本通信が担当したものの、これが失敗に終わってしまったという苦い経験があります。失敗の原因はVAIOらしさが無いとか、製造した台湾でしたっけ?の会社が実はスマホを作ったことが無いところだったとかいろいろと言われています。

そして今年発売となるVAIO Phone Biz。前回の失敗で事業を諦めたわけではなくて、満を持して?の発売だそうです。搭載するOSは「Windows 10 Mobile」。しかも、「Windows 10 Mobileを採用したデバイスの開発を表明したメーカーの中にVAIOが含まれている」そうなんです。これはMicrosoftが明らかにしたそうなんですが。こんな経緯もあり、またVAIOのスマホが注目されているんですね~。

Windows 10 Mobile搭載ということで、法人向けのスマートフォンとしても力を入れ、需要開拓のためにドコモともパートナーを組んでいると。さて、数か月後どのような評価を受けるのか・・楽しみですね^^

マイクロソフトだけでなくドコモもパートナーとして

VAIOスマホの話題がネットニュースのあちこちで見られますね。ソニーから独立?スピンアウトしたVAIO。どうしてもVAIOと聞くとパソコンを思い浮かべますが、今はスマホなんですよね。

昨年の3月に日本通信と協業し発売したのがVAIO Phone。デザインをVAIOが、製造、販売を日本通信が担当したものの、これが失敗に終わってしまったという苦い経験があります。失敗の原因はVAIOらしさが無いとか、製造した台湾でしたっけ?の会社が実はスマホを作ったことが無いところだったとかいろいろと言われています。

そして今年発売となるVAIO Phone Biz。前回の失敗で事業を諦めたわけではなくて、満を持して?の発売だそうです。搭載するOSは「Windows 10 Mobile」。しかも、「Windows 10 Mobileを採用したデバイスの開発を表明したメーカーの中にVAIOが含まれている」そうなんです。これはMicrosoftが明らかにしたそうなんですが。こんな経緯もあり、またVAIOのスマホが注目されているんですね~。

Windows 10 Mobile搭載ということで、法人向けのスマートフォンとしても力を入れ、需要開拓のためにドコモともパートナーを組んでいると。さて、数か月後どのような評価を受けるのか・・楽しみですね^^

您当前正在浏览 5月, 2016 的归档。