logo

大人必須アプリ

エクセルを利用することも一理ある

営業支援ツールを導入するときには、それまでエクセルに入力、管理していて課題が出てきたことからツールの導入を検討という流れがあるようです。しかし、実はエクセルを使い続けるという選択肢もあるとのこと。

だって、これまではエクセルで用は足りていたんですからね^^工夫することで実はわざわざツールを導入しなくても大丈夫な会社だってあるのかもしれません。多くの会社ではこれまでエクセルを日常の業務に利用してきました。社員も管理者もエクセルを使いなれているわけで、新しいツールを増やせば使い方の講習、慣れるまでの時間にかなりの時間と手間を要することになります。もちろんそれなりのコストもかかってきます。それに、わざわざコストをかけ、講習で使い方を会得しても、実際に使える機能が少なかったり、記入の手間がかかりすぎたりして、結局使いこなせずに放置している、ということもあるんだそうです。

このようなことを踏まえて考えると、エクセルを利用し続けることにも一理あるんですね~。

エクセルを利用することも一理ある

営業支援ツールを導入するときには、それまでエクセルに入力、管理していて課題が出てきたことからツールの導入を検討という流れがあるようです。しかし、実はエクセルを使い続けるという選択肢もあるとのこと。

だって、これまではエクセルで用は足りていたんですからね^^工夫することで実はわざわざツールを導入しなくても大丈夫な会社だってあるのかもしれません。多くの会社ではこれまでエクセルを日常の業務に利用してきました。社員も管理者もエクセルを使いなれているわけで、新しいツールを増やせば使い方の講習、慣れるまでの時間にかなりの時間と手間を要することになります。もちろんそれなりのコストもかかってきます。それに、わざわざコストをかけ、講習で使い方を会得しても、実際に使える機能が少なかったり、記入の手間がかかりすぎたりして、結局使いこなせずに放置している、ということもあるんだそうです。

このようなことを踏まえて考えると、エクセルを利用し続けることにも一理あるんですね~。

シャノンのMAツールに企業単位での行動分析ができる機能が搭載

マーケティングに必要なもの…それはターゲットとなる組織や人の“行動分析”なのではないでしょうか。株式会社シャノンのMA(マーケティングオートメーション)ツール『SHANON MARKETING PLATFORM』(SMP)は、標準ダッシュボードにターゲット企業単位での行動分析ができる“アカウント・ベースド・プロファイル”という機能を追加したそう。SMPというツールは、「申込フォームや告知サイトの作成」「セミナー・イベントでの申込み及び来場管理」「キャンペーン運営業務やメール配信」など、マーケティング業務全般の一元的な実施&管理を可能にするというもの。オンライン・オフライン問わず、自動で履歴を見込み客データと紐づけて情報の管理を一本化できるから、リード評価の品質向上を図れるというわけです。今回追加されたアカウント・ベースド・プロファイルでは、SMPに蓄積されたマーケティングデータを企業単位で見える化し、細かな分析を可能にするそう。これで企業の組織としての動向を把握したマーケティング活動を行えるというわけですね。組織別のセールスプラン立案とアプローチに上手く活用できると思います。sfa システム

シャノンのMAツールに企業単位での行動分析ができる機能が搭載

マーケティングに必要なもの…それはターゲットとなる組織や人の“行動分析”なのではないでしょうか。株式会社シャノンのMA(マーケティングオートメーション)ツール『SHANON MARKETING PLATFORM』(SMP)は、標準ダッシュボードにターゲット企業単位での行動分析ができる“アカウント・ベースド・プロファイル”という機能を追加したそう。SMPというツールは、「申込フォームや告知サイトの作成」「セミナー・イベントでの申込み及び来場管理」「キャンペーン運営業務やメール配信」など、マーケティング業務全般の一元的な実施&管理を可能にするというもの。オンライン・オフライン問わず、自動で履歴を見込み客データと紐づけて情報の管理を一本化できるから、リード評価の品質向上を図れるというわけです。今回追加されたアカウント・ベースド・プロファイルでは、SMPに蓄積されたマーケティングデータを企業単位で見える化し、細かな分析を可能にするそう。これで企業の組織としての動向を把握したマーケティング活動を行えるというわけですね。組織別のセールスプラン立案とアプローチに上手く活用できると思います。sfa システム

ネイティブアプリでモバイルをフル活用する

スマートフォンなどのモバイルデバイスを企業で採用する場合、モバイルをフル活用したいと考えるのは当然のこと。電話やメールだけの使用では勿体無いですもんね。フル活用するためのキーポイントとなるのが、従業員向けのアプリケーションを開発することです。自社のセキュリティポリシーを満たすことができ、高速かつ機能的で、グラフィックスが見やすくデバイスの画面にぴったりと合うようにできるのは、ネイティブアプリだけなのです。最近は、ネイティブアプリを開発するための優れた開発ツールも多く登場しているんですよ。アプリ開発のハードルが低くなってきているのです。また現場で働く人のためのアプリを開発することは、企業にとってとても重要なことだと思います。例えば自動車ショールームの営業担当者は、最新型ナビゲーションなどの車のオプションについて尋ねられたらその場で正確に答えられなければいけませんよね。そうした情報を提供するアプリを開発することは、競争社会の日本において今後ますます必要になってくるでしょう。そしてデバイスとアプリのセキュリティレベルを確保するためにMAMとMDMを同時に運用するなどの対策も忘れないようにしたいものです。

ネイティブアプリでモバイルをフル活用する

スマートフォンなどのモバイルデバイスを企業で採用する場合、モバイルをフル活用したいと考えるのは当然のこと。電話やメールだけの使用では勿体無いですもんね。フル活用するためのキーポイントとなるのが、従業員向けのアプリケーションを開発することです。自社のセキュリティポリシーを満たすことができ、高速かつ機能的で、グラフィックスが見やすくデバイスの画面にぴったりと合うようにできるのは、ネイティブアプリだけなのです。最近は、ネイティブアプリを開発するための優れた開発ツールも多く登場しているんですよ。アプリ開発のハードルが低くなってきているのです。また現場で働く人のためのアプリを開発することは、企業にとってとても重要なことだと思います。例えば自動車ショールームの営業担当者は、最新型ナビゲーションなどの車のオプションについて尋ねられたらその場で正確に答えられなければいけませんよね。そうした情報を提供するアプリを開発することは、競争社会の日本において今後ますます必要になってくるでしょう。そしてデバイスとアプリのセキュリティレベルを確保するためにMAMとMDMを同時に運用するなどの対策も忘れないようにしたいものです。

サイバー攻撃とAndroid端末

近年、BYOD(私物端末の業務利用)を採用する企業が増えてきているそう。自分のスマートフォンやタブレットなどを業務に使用しているという方も稀な事ではなくなってきました。しかし自分の端末がサイバー攻撃の対象になる可能性について考えたことはあるでしょうか? もし端末が攻撃者に乗っ取られ、悪用されれば、個人情報や企業の機密情報漏洩から始まる様々な恐ろしい事態を招く可能性があるのです。中でも心配されているのがオープンソースであるAndroidです。Androidはアプリ開発やマーケットの公開を自由に行うことができる自由度の高いOSですが、それ故に一元管理することが難しく、多くのマルウェアがすでに流通してしまっているのです。Android端末について心配しているIT管理者も少なくないでしょう。だからこそ適切なセキュリティ運用ポリシーを構築することが絶対不可欠になってきます。またIT管理者は、Android OSレベルでセキュリティ対策を実装し、端末全体のセキュリティを向上させることも考えておかねばなりません。もちろん端末所有者もマルウェアを判定する技術を利用したり、信頼性の低いアプリをインストールしないようにする等、注意する必要がありますよ。サイバー攻撃は日々進化しています。今後、企業も従業員もセキュリティ対策についてより考えていかなければならなくなるでしょう。

サイバー攻撃とAndroid端末

近年、BYOD(私物端末の業務利用)を採用する企業が増えてきているそう。自分のスマートフォンやタブレットなどを業務に使用しているという方も稀な事ではなくなってきました。しかし自分の端末がサイバー攻撃の対象になる可能性について考えたことはあるでしょうか? もし端末が攻撃者に乗っ取られ、悪用されれば、個人情報や企業の機密情報漏洩から始まる様々な恐ろしい事態を招く可能性があるのです。中でも心配されているのがオープンソースであるAndroidです。Androidはアプリ開発やマーケットの公開を自由に行うことができる自由度の高いOSですが、それ故に一元管理することが難しく、多くのマルウェアがすでに流通してしまっているのです。Android端末について心配しているIT管理者も少なくないでしょう。だからこそ適切なセキュリティ運用ポリシーを構築することが絶対不可欠になってきます。またIT管理者は、Android OSレベルでセキュリティ対策を実装し、端末全体のセキュリティを向上させることも考えておかねばなりません。もちろん端末所有者もマルウェアを判定する技術を利用したり、信頼性の低いアプリをインストールしないようにする等、注意する必要がありますよ。サイバー攻撃は日々進化しています。今後、企業も従業員もセキュリティ対策についてより考えていかなければならなくなるでしょう。

您当前正在浏览 6月, 2016 的归档。