logo

大人必須アプリ

1対1の会話から多人数の会議までをテキスト化!

これはすごいサービスですね。法人向けのスマートフォンにもおすすめのアプリとなっているようです。名称はUDトークというもので、「1対1の会話から多人数の会議までをテキスト化でき、テキストをファイルで取り出すことも可能」と。1対1ならまだわかるけど、多人数の会議までテキストにできちゃうなんてすごくないですか?!

このアプリ、音声認識機能を活用し、AmiVoiceという日本語の音声認識エンジンを使用して人が話している内容をリアルタイムでテキストにすることができるというもの。音声認識はオンラインで行うためネットをつなぐんですが、最近スマホをキーボード入力できる機能が出てきましたがこのキーボードともつなぐことが可能であるため、リアルタイムでテキスト化しながらスマホのキーボードで修正もできるんですって。書記の役割を持った人がいると、この人がテキスト化されているのを監視しつつ、間違っている文字や文章はその場ですぐに修正ができますよね。

画面をスクリーンに映し出せば会議に参加していない人もそれを確認できたり、耳が不自由な人も参加できるので、このサービスは将来性があると思いますね。

GPSを営業管理だけではなく行動支援に

1対1の会話から多人数の会議までをテキスト化!

これはすごいサービスですね。法人向けのスマートフォンにもおすすめのアプリとなっているようです。名称はUDトークというもので、「1対1の会話から多人数の会議までをテキスト化でき、テキストをファイルで取り出すことも可能」と。1対1ならまだわかるけど、多人数の会議までテキストにできちゃうなんてすごくないですか?!

このアプリ、音声認識機能を活用し、AmiVoiceという日本語の音声認識エンジンを使用して人が話している内容をリアルタイムでテキストにすることができるというもの。音声認識はオンラインで行うためネットをつなぐんですが、最近スマホをキーボード入力できる機能が出てきましたがこのキーボードともつなぐことが可能であるため、リアルタイムでテキスト化しながらスマホのキーボードで修正もできるんですって。書記の役割を持った人がいると、この人がテキスト化されているのを監視しつつ、間違っている文字や文章はその場ですぐに修正ができますよね。

画面をスクリーンに映し出せば会議に参加していない人もそれを確認できたり、耳が不自由な人も参加できるので、このサービスは将来性があると思いますね。

GPSを営業管理だけではなく行動支援に

1対1の会話から多人数の会議までをテキスト化!

これはすごいサービスですね。法人向けのスマートフォンにもおすすめのアプリとなっているようです。名称はUDトークというもので、「1対1の会話から多人数の会議までをテキスト化でき、テキストをファイルで取り出すことも可能」と。1対1ならまだわかるけど、多人数の会議までテキストにできちゃうなんてすごくないですか?!

このアプリ、音声認識機能を活用し、AmiVoiceという日本語の音声認識エンジンを使用して人が話している内容をリアルタイムでテキストにすることができるというもの。音声認識はオンラインで行うためネットをつなぐんですが、最近スマホをキーボード入力できる機能が出てきましたがこのキーボードともつなぐことが可能であるため、リアルタイムでテキスト化しながらスマホのキーボードで修正もできるんですって。書記の役割を持った人がいると、この人がテキスト化されているのを監視しつつ、間違っている文字や文章はその場ですぐに修正ができますよね。

画面をスクリーンに映し出せば会議に参加していない人もそれを確認できたり、耳が不自由な人も参加できるので、このサービスは将来性があると思いますね。

GPSを営業管理だけではなく行動支援に

パスワード管理ツール『LastPass』について

iOSデバイスやAndroidスマートフォン、タブレット、Windowsパソコン、Macなど…今は本当に様々なデバイスがありますよね。それぞれのデバイスでwebサービスを利用する時、IDやパスワードを同じにしようか全く違うものにしようかと考えてしまうもの。当然セキュリティ面を考えればそれぞれ違うパスワードにした方が良いのは分かります。が、どれがどのパスワードだったか忘れてしまっては元も子もありませんよね。忘れてしまうからといってパソコンにパスワードを書いたメモを貼っている人がいますが、それは情報漏洩の危険大。絶対にやめましょう。そこで活用したいのがパスワードを同期・共有できるパスワード管理ツールです。例えばWindows版Google Chromeの拡張機能である『LastPass』は、パスワード管理ツールとしてよく知られているツールなんですよ。登録済みのパスワードの強度をチェックできるうえに、企業向けに複数人で共同利用するためのエディションもあり。個人から法人まで幅広く使えるツールだと言えます。パスワードを効率的に管理するだけでもセキュリティの向上につながります。パスワード管理ツールでリスクを減らしましょう。

パスワード管理ツール『LastPass』について

iOSデバイスやAndroidスマートフォン、タブレット、Windowsパソコン、Macなど…今は本当に様々なデバイスがありますよね。それぞれのデバイスでwebサービスを利用する時、IDやパスワードを同じにしようか全く違うものにしようかと考えてしまうもの。当然セキュリティ面を考えればそれぞれ違うパスワードにした方が良いのは分かります。が、どれがどのパスワードだったか忘れてしまっては元も子もありませんよね。忘れてしまうからといってパソコンにパスワードを書いたメモを貼っている人がいますが、それは情報漏洩の危険大。絶対にやめましょう。そこで活用したいのがパスワードを同期・共有できるパスワード管理ツールです。例えばWindows版Google Chromeの拡張機能である『LastPass』は、パスワード管理ツールとしてよく知られているツールなんですよ。登録済みのパスワードの強度をチェックできるうえに、企業向けに複数人で共同利用するためのエディションもあり。個人から法人まで幅広く使えるツールだと言えます。パスワードを効率的に管理するだけでもセキュリティの向上につながります。パスワード管理ツールでリスクを減らしましょう。

您当前正在浏览 7月, 2016 的归档。