logo

大人必須アプリ

MAの導入・運用を支援する『デマンドセンターBPOサービス』登場

マーケティングオートメーション導入・運用のコンサルティングを提供するマーケットワン・ジャパンが、株式会社マルケトと戦略的提携し、マーケティングオートメーション(MA)の企画・設計・導入・運用・検証がフルアウトソーシングできる『デマンドセンターBPOサービス』をスタートしました。ちなみに“デマンドセンター”とは、マーケティング活動の中でも商談の創出を目的とした機能のことで、営業による対面活動につなげるための一連のプロセスを担う仕組みのこと。『デマンドセンターBPOサービス』のユーザー企業は、たとえ自社にMA運用に必要な人材やノウハウが確保されていなくても、負担を最小限に抑えながら最適なデマンドセンターを構築することができるのだとか。更にマーケットワンのテレマーケティングのノウハウも組み合わせ、成約確度を高める営業支援も可能です。ここ数年でMAを導入する企業が増えていますが、導入や運用に関して課題も多くあるのが事実。こうした状況を受けて誕生したのがこの『デマンドセンターBPOサービス』というわけですね。http://geocrm.com/contents/crm/crm-system/

会社名や役職だけがわかるものではない!

名刺管理は営業情報としては非常に有効なものだとはわかっていますが、個人情報が管理できるようになる、ということですよね。でも、最近この名刺管理サービスを行う会社がとても元気だったり、大手のSFA提供の企業もこのサービスに連携したり自社開発したりと、なぜか注目度が上がってきているんですよね。営業先の担当者の個人情報だけではなくて、他にも何か有益なものが名刺には詰まっているんでしょうか?

名刺管理サービスの老舗ともいえるSansanでは、もう一つの名刺管理のメリットを「名刺交換した履歴情報です。“社内の誰が、いつ顧客と出会った”という情報です。」と紹介していました。

そっか、もともと持っている情報、それと今から手に入る情報を紐づけ、あるいは新しく人事移動した会社と名刺交換によって新たに入手した情報を紐づけすることで、常に最新の情報、役職などが社内全体でわかったりするわけです。よく考えられているサービスなんですね。

您当前正在浏览 10月, 2016 的归档。