logo

大人必須アプリ

PDCAを高速で

海外でメジャーなSFAを利用していたものの、やはり日本の企業での導入には様々な壁があるようです。やはり営業マンの意識や営業手法、そして頭の構造^^も違っているのでしょうか、日本での企業で根付くSFAを探すにはやはり日本の会社が開発したSFAを導入するのが一番のようです。

また、日本では最近PDCAをうまく回していくことが売上アップには不可欠、という考えが広まっています。営業マンだけではなくて管理者、経営者までがこのPDCAサイクルを回す、しかも企業によっては高速で回すことが今は最優先!という会社も。

日本で作られているSFAはこの高速PDCAが可能とのこと。それは営業マンと管理者のやり取りがスムーズにしかも素早くできることにあるそうです。営業を進める中で日報により事細かに営業マンが報告。それを確認した管理者、あるいは経営者がそこにコメント、修正を提案することで、営業マンは何が良く無くて何が重要なのかをピンポイントで理解し、次の営業に活かすことができるんですね。

ExcelからCRMに移行する時の注意点

顧客情報の管理方法は、Excelや紙媒体の顧客台帳、CRM、sfa、自社構築システムなど、実に様々な方法があります。その中でも、やはりExcelが一番メジャーで利用されていると思います。しかしそんなExcelでの顧客管理には、「限界がきている」「個人で管理をしているため、情報共有できていない」などといった理由で、なかなか上手くいっていないケースをよく耳にします。そういった企業にオススメなのが、クラウド型のCRM。Excelでは解決できない問題の多くを解決できるからです。もちろんシステムには決まりごとがあるため、ExcelからCRMに移行する場合にも注意点はあります。Excelは顧客管理以外にも様々な業務に利用することができる反面、CRMは顧客管理に特化したツールですよね。だから、Excelで上手くいっていたことが、CRMに移行すると上手くいかなくなったり、逆にCRMに変えたらExcelでは出来なかったことができるようになったりするのです。つまりExcelでの管理方法を、そのままクラウドに移行できると思うのは大間違いだということ。またCRMは、システムごとに特徴が違うので、導入する際は自社のニーズと合っているか慎重に検討しなければなりません。このような点に注意して、自社に最適なシステムを導入してほしいと思います。

您当前正在浏览 4月, 2017 的归档。